ドイツの魚料理

Matjestopf ドイツの魚料理のレシピ

bay-beach-bicycle-349727.jpg

ドイツ人はニシンを食べる!

東フリジアではこれなしに考えられないし、色々なバリエーションがある。ニシンは今日、貧しい人の食べ物ではなく、高級品であり、素晴らしい春のメニューの一つである。

レシピの紹介(Matjestopf)

ニシンを洗って、頭と尾は切り落とす。長い背を切り取って、中骨から表面をはがす。ニシンを裏返して、中骨から半分をはがす。塩を抜くために、フィレをだいたい1時間冷たい水につけておく。

玉ねぎをむいて薄くリング状にきる。りんごをむてい、8分の1に分けて芯をとる。

きゅうりをサイコロ状にきる。

甘いクリームをかける、スパイスと酸っぱいクリームを入れる。

フィレを水から取り出して、乾いたナプキンで軽く拭き、一口サイズにきる。

ソース、野菜、ニシンを注意深く混ぜる。少なくとも、24時間冷やしておく。

細かくしたディルを振りかけてテーブルへ。

美味しいジャガイモと緑の豆を添えるともっと良い。


材料リスト

ニシン 6尾

または

ニシンのフィレ 12

玉ねぎ 2こ

少し酸っぱいりんご 2

甘いクリーム 200ml

サワークリーム 200g

マスタード 塩、胡椒 2 TL 小さじ

細かくしたディル  2 EL 大さじ (2TLの場合、小さじ2杯です。)